絶滅の危機にある手コキでのプレイ

絶滅の危機にある手コキでのプレイ


絶滅の危機にある手コキでのプレイ
"「お金を支払ってまで風俗遊びをしたくない」なんて思っている人もいるかもしれません。
しかし風俗というのは、奥様や恋人などとのプレイとはまた違った興奮を味わうことが出来るのです。
オナクラにおきましては、基本的に女性は脱いだり、身体を触らせてくれません。
そのことからアルバイト気分で学生や素人の女性が多く在籍していることが多くなっており素人娘とエッチなことを楽しめます。
風俗を利用したことのある男性の中には、法外な利用料金を請求されたなどの被害に遭った人もいることでしょう。
多くの風俗は完全合法で営業をしているので心配はありませんが、中には違法行為をしている風俗もあるので注意が必要です。
街中で普通に歩いているような一般的な女性の目の前でオナニーを見せたいという願望のある方にはオススメです。
そんなオナクラの中には、手コキをしてくれるサービスや上半身裸になってくれるなどのサービスを提供しているお店もあります。オナクラと言われているのは、『オナニークラブ』として知られています。
つまり男性の自慰行為を女性に見てもらう風俗であり、マニアの間では人気があります。"

ツーショットダイヤル
http://3455.tv/kaiin/2shot1.php
ツーショットダイヤル



絶滅の危機にある手コキでのプレイブログ:15 8 18

「今日のお昼ライス、何がいい?」
あたしは親父に尋ねた。

「テキが食べたいのぅ」
テキというのはビーフステーキのことだ。
昔はビフテキと言っていた。
親父はそれをさらに短くテキと呼んでいたのだ。

魚釣りが趣味の85歳の親父だから、
焼き魚とか、煮物とかを想像していた。

「ビフテキかぁ、うふふふ」
あたしは意表を突かれて、笑いがこみ上げてきた。

親父は入院していた。しかも末期癌。
身体中には特有の疼痛を抱え、
痛み止めも欠かせなかった。

根治することはもはや不可能で、
治療はもっぱら痛みをとることと、
延命を秤にかけるような綱渡り状態だった。

体力的にも
ある種の小康状態でいられる最後の段階だろうと言う。

主治医と相談して
思い切って自宅へみっか間の外泊を決めた。
その24時間目に食べたいと言ったのがビフテキだった。

上等の牛肉を張り込んで2枚買ってきた。
満足そうに食べる親父の顔を見ていると、
思い切って帰ってよかったと心から思った。

そして、自宅療養最後の日…
親父が自宅で過ごす最後かもしれないという
厳しい現実には気づかぬふりをして、
あたしは尋ねた。

「今日は、何食べる?」
「お惣菜屋のコロッケがええのう。
アレならゴミも出んし、片付けもいらんしなぁ」

自宅で最後になるかもしれない食事に選んだのが、
お惣菜屋のコロッケ…

疼痛にいつ襲われるかわからない親父を
車で二時間かけて
病院まで送り届けなければならないという大仕事を控えている
娘を思う親父の選択だった。

親父は最期まであたしを思い、気遣い、
親父としてあたしを甘やかしてくれるというのだった。

あたしはこみ上げてくる何かをこらえるのに
これほど苦労したことはなかった。
絶滅の危機にある手コキでのプレイ

絶滅の危機にある手コキでのプレイ

★メニュー

これ知ってますか?風俗豆知識
安価で楽しむことが出来るお手軽風俗
超激安ののぞき部屋という異空間
デリヘルの利用はやはりホテルが無難
思いっきり恋人気分をデリヘルでは味わえます
絶滅の危機にある手コキでのプレイ
風俗の中でも素人の女の子は大人気
決してデリヘルは違法営業ではありません
他の風俗では味わうことの出来ない快楽
良からぬ業者も存在しているのは確かです


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)もっと人生を楽しくするなら風俗