デリヘルの利用はやはりホテルが無難

デリヘルの利用はやはりホテルが無難


デリヘルの利用はやはりホテルが無難
"単に風俗と言いましても、デリヘルやヘルス、イメクラなど実に様々あります。
最近人気なのが、やはりデリヘルであり、その需要もあることから続々と店舗型から派遣型へ風俗業者は移行しているのです。
デリヘルには特定のプレイルームが用意されていませんので、プレイ場所は男性が用意をしておきます。
つまり客の自宅またはホテルでプレイをすることとなるので、周囲を気にする事無くゆっくりとプレイに集中出来ます。

もしデリヘルでホテルを利用する際には、まず最初に男性がホテルにチェックインをして女性を待ちます。
そして自宅の場合には当然ホテル代などは発生しませんが、個人情報を業者に知られてしまうというデメリットがあります。デリヘルを営業するための届出というのは、無店舗型性風俗特殊営業となっているので合法で営業をすることが出来ます。
しかし中には申請をしないで営業をしている悪徳業者もあるのでご注意ください。"



デリヘルの利用はやはりホテルが無難ブログ:07 11 18

あれはおれが小学3年生の秋、
窓を閉めて寝る季節のことだった…

母親は17時9時から10時の間に自分の部屋にこもり、
「決して襖を開けてはいけない」と言った。
おれはそれに従った。

だけど、それにしても、
一体、母親は何をしているのか?
なぜおれは見てはいけないのか?
何か秘密でもあるの?…
そのうちだんだん妙な疑惑と不安がのしかかってきた。

もしかして、
母親は「鶴の恩返し」に出てくる鶴ではないか?
隠れて織物を織っているのではないか?

実は「雪女」で、襖を開けたら、
真っ白の風にくるまれ、消えていくのではないか?
おれは、そんな化け物から生まれたのか?

怖いやん…めちゃ怖くて、泣きそうやん…

こんな秘密を持つなんて、
きっと母親はおれが嫌いなんだ、
実の娘じゃないからだ。

おれはなんてかわいそうな娘だ。
…泣きたくなって、襖を開けてしまった。

すると、母親はなんと腹筋体操の真っ最中!

「こら、開けたらあかんて言うたやん」
もうすぐ体操会で、
母親は、競争に勝つために特訓中なのだった。

「あんたがおったら集中でけへんから、ひとりでやりたかったのに~、
もうええわ。やめよっ!」
と、食卓に来てお茶を飲んだ。

そこで、べたべたとくっつく、
しけたしょうゆのあられを一つずつ5本の指先につけ、
指をなめずに食べた…
これ、母親とおれのお気に入りの食べ方。

「いつものことやけど、こうして食べたら、おいしいなぁ~」
と笑う母親。

で、おれは5本の指を寄せて、
5つのおかきを同時に口に入れるという技を極め、
母親の絶賛と大笑いを得たのだった。

こんなことで絶賛してくれるのは実の父母以外あり得ない。
間違いなくおれは母親の息子だ!
すごく嬉しくて、そして、涙がとてもしょっぱかった。
デリヘルの利用はやはりホテルが無難

デリヘルの利用はやはりホテルが無難

★メニュー

これ知ってますか?風俗豆知識
安価で楽しむことが出来るお手軽風俗
超激安ののぞき部屋という異空間
デリヘルの利用はやはりホテルが無難
思いっきり恋人気分をデリヘルでは味わえます
絶滅の危機にある手コキでのプレイ
風俗の中でも素人の女の子は大人気
決してデリヘルは違法営業ではありません
他の風俗では味わうことの出来ない快楽
良からぬ業者も存在しているのは確かです


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)もっと人生を楽しくするなら風俗